蓄電池の情報が満載!

蓄電池とは?太陽光との違い

蓄電池とは?太陽光との違い 蓄電池とは電池の一種です。
一般的な乾電池は、確かに電気を蓄えておくことができますが、一度使ってしまうと再び電気を蓄えて再利用することは基本的にできません。
つまり使い捨てです。
ですが、中には一度使っても再度電気を蓄えることで再利用できるタイプのものもあり、これが蓄電池と呼ばれています。
一方で太陽光発電ですが、こちらは発電により電気を生み出すことはできても、蓄電池ではありませんから生み出した電気を蓄えておくということができません。
発電したものをその場で利用するか、あるいは余った電気は電力会社に売るかのどちらかでしか有効利用できないわけです。
余った部分は売ることができるなら全く問題なく有効活用できるではないかと思われるかもしれませんが、電気の売却価格と購入価格には差があり、今では購入の方が単価が高くなってしまっているケースが多いですから、できれば蓄電池と組み合わせて自家消費できるようにしたほうが有利です。

蓄電池を導入するなら蓄電池と発電機の違いを知ろう

蓄電池を導入するなら蓄電池と発電機の違いを知ろう 災害時は電気も長時間使えない可能性があります。
明るい昼間はまだしも、暗闇の中で過ごすことは不安もありますし、生活はとても不便なものとなってしまいます。
日本は自然災害が多い国としても知られていますので、もしもの際に備えての対策はしておきたいところです。
最近は太陽光発電や蓄電池を導入する家庭も増えてきました。
こうした設備を導入すれば、もしもの際も緊急の電源として使うことができます。
導入するなら蓄電池と発電機の違いも理解しておきましょう。
発電機はガソリンや太陽光を使い電気を発生させる機械です。
作った電気は蓄えておくことはできません。
これに対して蓄電池は文字通り電気を蓄積できる機器です。
電気をためておくことはできますが、それ自体では発電はできないことは理解しておきましょう。
家庭用蓄電池はソーラーパネルと組み合わせて使うことが多くなっています。
いずれの機器もポータブルタイプなら、防災だけではなくキャンプやアウトドアにも役立ちます。

新着情報

◎2023/11/10

情報を更新しました。
>蓄電池を自宅やオフィスなどに設置するメリット
>知っておきたい!蓄電池が持つデメリットとは
>トラブルを避けるために学ぶ蓄電池の使い方を
>大切なポイントを把握してから蓄電池を購入
>蓄電池の補助金について知っておきたいこと

◎2023/01/20

情報を更新しました。
>蓄電池を利用してSDGsに合った形で発電を
>注文住宅で考慮したい蓄電池の設備について
>蓄電池はソーラーパネルを備えると効果が大きい
>EV車を蓄電池として利用して災害時も安心
>蓄電池の処分をガソリンスタンドで頼むこと

◎2022/3/22

情報を更新しました。
>蓄電池における産業用と家庭用の違いとは?
>家庭用として用いる蓄電池の寿命について説明します
>ビルに設置するBEMSの蓄電池の特徴と構成
>産業用太陽光発電で備える蓄電池の最大容量
>家庭でソーラーパネルを設置する時、蓄電池を検討する時の注意点

◎2021/8/19

蓄電池とバッテリーの違い
の情報を更新しました。

◎2021/6/22

産業用蓄電池のメーカー選び
の情報を更新しました。

◎2021/4/28

サイト公開しました

2蓄電池も安くなっているし、揚水蓄電池化して稼働率上げたり、送電網整備したら広域送電も。バーチャルパワープラントなどITやAI技術使って太陽光を無駄に大量に捨てるのを止めて欲しいですね。 まずは晴天時に不要な原発で太陽光を抑制するような愚行を止めなければです。

福岡県(九州エリア)の太陽光+電気自動車(EV)+定置型蓄電池の経済効果を徹底解説(九州電力エリア編) - 太陽光蓄電池シミュレーション「エネがえる」(家庭用・産業用)

純粋に疑問なんだけど、あの太陽光出力が一斉に低下した後は、どうやって補完してるんだろう。日本は大部分火力だと思うけど同じではないよね。CAだし。時差の大きい州から買う?蓄電池?🤔

たまに太陽光蓄電池の営業来るけど我が家付いてるんだよな…

太陽光発電+蓄電池+EV 避難所に再エネ マイクログリッド 狭いエリアで電力融通

-->